記事内に広告を含みます。

喫煙が本当に問題行動だと認識できればタバコはやめられる!!

「どうしてタバコをやめられたの?」

 

もし僕が誰かにこう聞かれたら、「タバコに対する認識が変わったから」と答えます。

やっぱりタバコは身体に悪いからとか、お金がもったいないからとか、表向きにはそういったよくある回答をするかもしれませんが、よく考えて本当のところを話すならば、やはりこうなりますね。

 

それは今だから言えることですが、僕自身がいかにタバコに対する認識を誤っていたか、そしてどれだけ強い思い込みをしていたかということがよく理解できているからですね。

 

つまりタバコに対する自分自身の強烈な思い込みをいかにしてほぐしていくかが禁煙のポイントということです。

「こうなんだ」と思い込んでいたことが「あれ?やっぱり違ったな」となることで、禁煙ができるようになりますよという話です。

 

ということで今回は、喫煙が本当に問題行動だと認識できればタバコはやめられるということについて書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




喫煙が問題行動だと認識することがポイント

喫煙,問題,行動

過去の僕と今の僕との、タバコに対する最も認識の違いがあるところを先に言いましょう。

それは、

タバコを吸うことが楽しみだと思っていたこと。

 

これはまずいですよ。

これが本当に、いかに大きな問題で、いかにやばい話だったかということが、今は心から理解できています。

だからもうタバコは吸わないのです。吸わないでいられます。

逆に言えば、これが理解できない間はタバコをやめられなかったということですから、ここは本当に禁煙にあたって大事なポイントだと考えているというわけですね。

 

「タバコが楽しみ」なんて言ってしまっているうちは、そりゃタバコはやめられないですよね。楽しみなんですから。楽しいことはなかなかやめられないですよ。

実際に僕も「この仕事が片づいたら吸おう」とか、「景色の良いところでベンチに座って吸おう」とか、タバコと何かを結び付けてはそのシチュエーションまで含めて楽しんでいたことに間違いはありません。

 

そうなると、「次は」「どこで」「どんな状況で」吸おうかなと、タバコを吸うことが前提の生き方になってしまう。

自分の生活が完全にタバコありきということです。

それだけガッチガチに自分とタバコが結びついている間は、禁煙は難しいですよ。いや本当に難しかったですよ。という話をしたいのが今回の内容なんですね。

 

タバコを吸うのが楽しみ、タバコは自分の人生を豊かにしてくれる、彩ってくれるもの。タバコは自分を癒してくれるし、自分を慰めてもくれる。勇気も与えてくれるし、行動力もつけてくれる。タバコは自分にとって絶対的に必要なものなんだと。

 

今書いていて、ちょっと可笑しくもなってしまいましたよ。

 

どれだけ洗脳されていたんだってね。

いや本当に。でも笑えないですね、これは。

なぜならこういった思い込みこそがタバコをやめられなくしていた本当の原因だったのですから。

 

ニコチンの作用のせい?それとも離脱症状がきついから?

禁煙に失敗してしまう理由は今までも何度も考えてきましたが、本当に根本的な原因となっていたのは、タバコに対する思い込みです。

その強烈な思い込みを「洗脳」とも言いますが、いかにしてこれをほぐし、ニュートラルな状態に持って行き、そして最終的には「タバコは自分にとって何にもならない、まったく必要のないもの」という価値観(認識)にまで変えられるか。

このことが結局、禁煙の肝だったということを今回は話したいわけです。

 

タバコは自分に何も与えていなかった

喫煙,問題,行動

まずこのことを理解したのは本当に大きかったですね。僕の中で禁煙をする意味が確固たるものになり、意義と合理性が生まれました。

 

タバコは自分に何も与えていないということ。

特に一番信じて疑わなかったことが、タバコがストレス解消になっているという「嘘」でしたね。この思い込みは本当に強力でした。それこそ長い年月をかけて培われてきた思い込みだったということが今はよく分かります。

タバコにはストレス解消効果もなければ、自信や行動力が湧いてくる効果なんてものもない。すべては自分自身の思い込みとタバコのトリックであったということがようやく理解できたとき、「あ、これでやっとタバコがやめられるわ」と思いましたよ、本当に。真実を知ったからですね。

 

それぐらい、人間は思い込みの一つで意識が変わるということです。

タバコは自分自身にストレス解消効果をもたらしたり、自信や勇気や行動力を与えたり、はたまた集中力を与えて、さらにはカッコよさやクールなイメージまでをも付与するって?

もう笑えるくらい、すべてのことを気持ち良いくらい思い込んでいましたよね。だからやめられなかった。

 

今は知ってますよ。全部ね。

タバコは自分に何かを与えるどころか、ストレスをもたらすことで平常心を奪い、自信や勇気や行動力や集中力を奪い、お金と時間を奪い、良いイメージや美貌や健康を奪い、ぺんぺん草も生えないくらい自分からあらゆるものを奪っていくだけの存在だということをね。

タバコに与えられていたことを無理やり挙げるとすれば、ストレスと貧乏と口臭と病気と焦燥感と・・・ああ、要らないものばかりですね。詳しくは以下の記事でも書いていますが、本当にこのことに気がつくのは大事。

タバコにストレス解消効果など無いことを知れば禁煙できるよ!!
タバコにストレス解消効果など無いということは、禁煙を成功させたい人は必ず知っておかなければならないことです。なぜタバコにストレス解消効果があると思ってしまうのか、なぜタバコに依存してしまうのか、そういった点をあらためて考えましょう。
タバコをやめられない人に絶対に見てほしい画像がこちら!!
タバコをやめられない人の中には、タバコを吸わないと調子が出ないから、スッキリしないから、元気ややる気が出ないからといった理由をあげる人も多いです。しかしそれこそがタバコのトリックなのですが、今回はそれに気づかせてくれる画像を紹介します。

 

こういったことに気がつくことが禁煙成功の第一歩と言っても過言ではないですからね。いろんな記事を読んであなたも考えてみてください。

 

タバコは毒であり麻薬ですよ

喫煙,問題,行動

タバコが自分に何かを与えるどころか奪っているだけのものだということが理解できてくると、ようやくタバコの毒性や依存性についても真剣に考えられるようになり、そして理解できるようになってきます。

タバコの煙に含まれる有害物質のヤバさだけは知っておくべし!!
タバコの煙に含まれる有害物質の危険度をよく知ることで、喫煙行為の危なさというものが理解できるようになります。禁煙をする人にはぜひ知っておいてもらいたい、タバコに含まれる有害物質一覧について解説しています。
タバコには有害な成分がなぜ多いのかを知っておくべし!!
タバコには有害な成分がなぜ多いのかを知ることで、もうそんな危険なものは吸いたくないという気持ちのきっかけになるかもしれません。禁煙をするなら、タバコの有害さについてはしっかり認識しておきましょう。

 

タバコは毒の塊であり、長く吸っていれば病気にならないほうがおかしいんです。

だから病気になりたければ吸えばいいし、病気になりたくないなら吸わないほうがいい。そういった当たり前のことを理解するにも僕は時間がかかりましたね。なにせ思い込みが強かったので。

タバコを吸っても病気にならない人もいるから、自分も。などとね。勝手解釈、自分都合思考、そういったものが多かったですね。

 

また、タバコは毒なのにやめられないのは、麻薬だからですよね。

厳密には違法ではないけど、麻薬と同じ作用があるからやめられない代物であるということ。

なぜそんなものが世の中に出回っているのかといえば、誰かが儲けるためですよね。依存症になるということを知りながら販売を続けているのはそういうビジネスだからです。

そういったビジネスを依存症ビジネスといいます。

 

だから僕たち依存症者は、その依存症ビジネスのお客さん(奴隷)として、一生金銭を搾取され、心も身体もボロボロになりながらも、それを買うために一生働いて、歳をとっていく。

年金をもらうころになって、ちょうど大きな病気にかかるようにもなっているのでしょう。そうなれば年金を納めるだけ納めてくれて受け取らないで逝ってくれる最高のお客さん(奴隷)の出来上がりじゃないですか。

 

はあ・・・、やられましたね。完全に。

僕はこれに気がついたので、もう本当にバカらしくてタバコを吸いたくないのです。自分がバカらしくて、ですよ。

あまりにも愚かじゃないですか。自分の人生はなんのため?なんのために生まれてきたのかということを真剣に考えましたよ。そこでね。

 

誰かに搾取され続けるために生まれてきたのか?と。

まあそれを言っちゃあ、生まれた時点で税金を払うために生きてどうのこうのという話にもなるのかもしれませんが、それでもただでさえ税金や生活金を払って生きていかないといけない大変な人生なのに、さらにタバコに課金していて本当に楽しいですかという話がしたいわけです。

 

自分にとって本当に必要なものはなんなのか。

タバコにお金を払い続け、不健康を買い、それを「楽しみ」とまで言っちゃってる人生に本当に問題はないのか、そのように考えてしまう自分に疑問はないのか。一つ一つ気づきながらようやくそういうことを考えられるようになってきたわけですね。

 

禁煙は気づいたら案外早い

 

喫煙,問題,行動

先ほども書きましたが、人間は思い込みが一つ変わるだけで、意識ががらりと変わる可能性が往々にしてあります。

つまり、一つの真実を知ることで、「ああ、これもあれも、実はそういうことだったのか」と、一気にすべてを理解できるようになることがあるということですね。

 

これをこのブログでは閾値を超えるとか、認識が変わるとか、価値観が変化するというように言っていますが、とにかく自分の中のこの変革が大事。この意識改革を起こすことが大切。というか、はっきり言って完全に肝です。禁煙の。

あらゆることに気がついて自分のタバコに対する認識が変われば、あとは割と早くそして意外とラクに禁煙ができてしまうことも普通にあり得ることなんですから、ある意味面白いところですよね、人間の。

 

とにかく、本気で禁煙がしたければ、あらゆることを考えそして気づくことです。そのための努力をすることです。例えばこのブログを隅々まで読むことも、あなたが禁煙をするための努力にもなるというわけです。

本当に禁煙がしたければ、タバコが楽しみなんて言っていてはいけません。

タバコを吸うことがどれだけの問題行動であるかということに気がついた(認識が変わった)ときから、あなたが禁煙を成功できる可能性は上がり始めます。

今回僕がお伝えしたかったことはこのことです。

 

おわりに

僕が禁煙できるようになった理由は、「認識が変わったから」だと冒頭で言いましたが、その僕の認識を変えるきっかけを与えてくれたのは、やはり禁煙について書かれた本やブログでした。

 

あなたが本気でタバコをやめたいと考えたとき、そのタイミングを決して見逃さず、禁煙の本やブログをしっかり読んで、あらためて自分と喫煙というものについて徹底的に考え抜いてみてください。

そこであなたにとってタバコは「やっぱり必要なのものだ」と思えば、たぶんあなたはこの先もタバコを吸い続けるのでしょうし、僕のように「やっぱり必要ないものだ」と思えば、「もうやめよう」となるでしょう。

 

このように喫煙は自分の思考の結果でもあります。

だからその思考の部分をちょっと変えれば、吸わない自分になれるかもしれないよ。僕はそうやってきましたしね、というのが今回の話。

 

参考になったらうれしいです!^^

 

 

他にも関連記事があります。

禁煙を自力でやる3つのコツを全部話します!!
禁煙を自力で成功させるコツについて解説しています。禁煙(卒煙)は一時の辛抱でできますし、その後の人生の悩みの種が一つ減るということは非常に大きなメリットですので、この記事を参考にぜひあなたも禁煙を成功させてください。
禁煙は開始前の準備で成否が決まるといっても過言ではない!!
禁煙を成功させるためのコツは禁煙の準備期間にあります。禁煙を始める前にしっかりと事前準備を行っているかどうかが禁煙の成否を分けているということですね。なかなか禁煙が続かないという人はぜひこの禁煙の準備をするというところを意識してください。
タバコを吸っているほうがイライラしやすくなる理由!!
タバコはストレス解消になるどころか、ストレスを引き起こすだけのものです。タバコを吸っているほうがイライラしやすくなる理由を知ることで、禁煙をする意味やメリットをより感じられるようになり、禁煙の成功率が高まるでしょう。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



禁煙マインド
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました