記事内に広告を含みます。

禁煙3年達成!一つの目標を越えることができたのでまた語ります!!

「禁煙3年達成しました!」

 

いやぁ、よかったよかった。

何が良かったかと言いますのも、禁煙3年というのは僕の中で一つの大きな目標だったのですよ。

禁煙を始めるにあたって、もう最初の3時間でつらい。3日で何度も挫折。せっかく3週間我慢できたのに吸ってしまってアウト。さらには3か月を超えてからの失敗も一度や二度ならず。

そんなことを今まで何度も繰り返してきましたからね。

 

僕がなかなか禁煙ができなかったころ、ある喫煙者だった知り合いに「禁煙してもう2年経ったよ」という話を聞いて、いろんな感情が湧いたことを今でもよく覚えています。

「すごい!」、「うらやましいな」、「あの人にもできたの?」、「どうやってやったんだろう?」、「俺にもできるかな?」、「いや、やっぱり俺も禁煙したい!」などなど。

でも正直なところ、そういう話を聞いたときって「あ・・・」ってなりませんか。

「まあ一服しましょう!」、相手「ああ、もうやめたので」

「あ・・・。」

ですよ。

あの切なさですよ。

でもね、それが大事。あの何とも言えない感情、まずその気持ちが大事なんですよ。

 

今でこそ、禁煙は我慢ではなく、意志の強さに任せるものでもなく、かといって誰かが何とかしてくれるものでもないということを僕はよく理解しています。

しかしなかなか禁煙ができなかったころには、やっぱりいろんなことがよく分かっていなかったですね。

禁煙の本質が見えていなかった

ということです。

 

でもそれから3年が経った今振り返ると、それでもやっぱり一番最初に「タバコをやめたい!」、「俺も禁煙したい!」という気持ちがあって、次に「でもできないのはなぜか?」、「どうして失敗してしまうのか?」という疑問があって、そしてそこから初めて学びがあって、気づきがあったこと。

気づいたからこそ、タバコをやめられたこと。

今はよく分かります。こういうプロセスや経験があって初めて禁煙は成功できるものだったということ。少なくとも僕にとってはね。

最初の気持ちも大事、悔しい思いをしたことも失敗してきた経験も大事、どうやったら成功できるかを考え抜き学ぶことも大事、そして成功するまで頑張ることも大事、さらにはそれができる自分の人生のタイミングも大事だということも分かっています。

 

「なるほど。だからタバコはなかなかやめられなかったのか」

 

今はこのことがよく分かっているということです。

だからこそ、「なぜあんなに禁煙ができなかったのか」ということも今ならはっきりと言えますし、「禁煙できる人とできない人の違い」「どうやったら禁煙を成功できるか」も今ならよく分かっています。

それをこのブログでは、過去の僕と同じ悩みを持ったあなたに詳しくお伝えできればと考えています。

 

そして僕は今まさに、【禁煙3年を達成する方法】まで習得しましたからね。ニヤリ

ぜひ、今後も本気で禁煙をするというあなたと情報共有できればと思います。

 

分かるということは、すなわち物事を分かつということですよ。

分かることが、結局は禁煙の成否を分けますし、果てにはこれからの人生を分けるということですからね!キリッ。なに?チョットナニイッテルカワカラナイ?

 

とにかく僕が禁煙に関して分かったことは随時このブログに記していますので、あなたが本気の禁煙をするのであればぜひ各記事を読んで参考にしてもらえたらと思います。

具体的な禁煙のやり方については他の記事を参考にしてもらうとして、今回は僕が禁煙3年を達成して感じていることや考えていることについて書いていきますね。

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




禁煙3年を成功して思うこと

禁煙,3年,達成

このブログでは便宜上【禁煙】と言っていますが、僕の中では正しくは【卒煙した】という認識でいます。

タバコを我慢し続けているわけでもなければ、これからも吸うつもりは一切無いからですね。

「禁煙しています」ではなく、「もうやめました」と言い切りたい。タバコを吸うか吸うまいかという不安定な狭間にいるのではなく、次のステージ、タバコを吸うという選択肢が一切無い、そういった考えが浮かばない、自分の中にタバコというものの存在が無いという状態がベストですね。

 

このような状態がいわゆる禁煙がうまくいっている人の状態であると考えています。

タバコに対する依存度が限りなく減り、薄れ、タバコにまったく縛られていない状態。

その状態にあれば、いちいちストレスが溜まったからといってタバコの欲求と戦うこともないですし、誰かがタバコを吸っていてもうらやましいと思うこともなければ、それを見て自分も吸いたくなるなんてことも起こりません。たとえ誰かにタバコをすすめられたとしても、

「え?タバコ?いや、要らないです笑」

と心から言えるでしょう。

前述した当時の僕の知り合いの心境はこのようなものだったのだと今なら想像できます。

 

はっきりと自分とタバコを切り離せている状態。タバコと完全に決別できている状態。未練など微塵もない状態。

今の自分もそうですが、禁煙がうまくいっている人を今までたくさん見てきて、その多くがこういう心理状態にある、そしてその状態こそがまさに禁煙をうまく継続できているポイントだとも考えています。

「そんな状態になるにはどうすればいいんだいっ!?」

ということをこのブログではずっと書いてきていますので、あなたも同じくその状態を目指すのであればぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

とはいえ後遺症はある

禁煙,3年,達成

とはいえ、とは言えどもですよ。

今まで喫煙者だったという事実は消すことはできません。

つまりニコチン依存症という病気は完全に完治しているわけではないということだけは絶対に理解しておかなければいけません。忘れてはいけません。油断や慢心をしてはいけません。多くの人がそれで失敗します。

 

僕たちのように一度ニコチン依存症となった者は、タバコを一度も吸ったことが無い者にはなれないし、戻れないということです。

そのため、例えば今の僕においても、いまだにどうしてもタバコを吸う夢を見たり、仕事が片付いたタイミングなど、ふとしたときにほぼ無意識にタバコのことが頭に浮かんでしまうということは普通に起こります。というか、避けられない。

これはもう僕はニコチン依存症の後遺症として考えていますし、それで自分の中で消化しています。

 

タバコをやめた人全員に聞いて回ったわけではないので断言はできませんが、これは元喫煙者の人であれば実際に多くの人が経験していることと考えています。

「わざわざ言うほどのことでもない」、本当にそんな感覚です。ただ、「ああ、久しぶりに夢に出てきたな」、「ああ、前はこのタイミングでよくタバコを吸ったな」みたいに考えることはあります。

これはタバコを吸ったことが無い人とはどうしても同じようにはいかないところ。だから【依存症の後遺症】と考えているというわけです。

 

仕方がないものを考えていても仕方がない。というわけで、その後遺症とはうまく付き合っていくことにしましょう。

間違っても夢や記憶に触発されて、実際にタバコを吸うという行動に出てしまってはいけません。禁煙においてそれが一番避けなければいけないことであり、一番忘れてはいけないことですからね。

これはタバコに限らず、あらゆる依存症にいえることでしょう。だからこそ事実は事実としてしっかり受け止め、そのうえで上手にやっていくことを考えましょうということです。これも本当に大事なポイント。

むしろあらかじめ「そういうこともあるんだ」ということが分かっていれば、大したことではないです。

そんなものに負けることもないですよ。

 

逆にふとしたときに【何度でも】禁煙できた喜びを感じられる

禁煙,3年,達成

今回はむしろこちらがぜひしっかりあなたにお伝えしたいことです。

 

やっぱり禁煙できている喜びは大きいということ。

前述したようにどうしてもタバコのことをふと思い出す瞬間というものはありますが、それ以上にタバコを吸わないでいられる喜びを感じることのほうがはるかに多いし、大きいということを僕はぜひあなたに伝えたい。

 

ふと、タバコを吸っている人を見たとき、もうタバコを吸わなくても平気でいられる自分にうれしくなることがあります。ふと、お金に少し余裕が感じられたときにも、タバコを吸わないでいられる喜びを感じられます。

ふと、口臭が気にならないでいられることにうれしくなることもあれば、他者に煙のにおいをつけたり煙を吸わせたりする申し訳なさを感じなくて済んでいることに気づき、心が楽になることもあります。

ふと、体力の向上を実感したり、以前より息切れしにくくなっていることや運動能力が回復していることに楽しさを覚えたりもします。

そしてそういったことを感じるたびに、タバコを吸わないでいられる自分にあらためて誇りと自信を持つことができます。

それもこれからの人生においていつでも、何度でも。

 

禁煙のメリットは本当に大きいです。

よく考えてみてください。

長い人生の中で、ふとしたときに何度もいつでもいつまでも、みじめさや悔しさ、他者に対する妬みや僻み、そして自己嫌悪を感じ続けている人と、逆にふとしたときに何度もいつでも幸せや心地良さを実感し、そのたびに自信と自己肯定感を高め続けている人。

どちらのほうが状況が良さそうでしょうか。

 

僕はやはり後者だと考えますね。そして禁煙の最大のメリットはこの辺りにあるということも考えています。

つまり依存症を克服していくということは、つまりは自分の人生を好転させていくということに他ならないということ。

だからこそ人生のどこかのタイミングで、しっかり禁煙するということにはとても大きな意味があり、意義があると考えています。さらには実益も実利も。

だからこそ僕は禁煙をやらない手はないし、ぜひやったほうが良いと思いますし、本気であなたにもおすすめしているというわけです。

 

あなたにもぜひこの禁煙のメリットを実感してほしいのです。

禁煙のメリットやタバコを吸うデメリットは嫌というほど見聞きしてきていると思いますが、実際にそのメリットを実感できるのは、実際に禁煙した人だけですからね。

 

禁煙自体が価値があること

禁煙,3年,達成

中には禁煙したけど特段何も変わらなかったと考える人もいると思いますが、僕はそれは非常にもったいないし、むしろある意味すごいことだと考えています。

すんなりと禁煙できていることがまずすごいと思いますし、はっきり言って、これだけ多くの人が苦労する禁煙ないし依存症の克服という所業を難なくできてしまう人であれば、僕はその人はその実力や時間を利用してもっと高みを目指せる人だと思っています。

 

つまり、禁煙ができているという時点でもっと自信を持ってもいいと思いますし、それができた力や、実際に禁煙したことによって空いた時間や経済面などのリソースを、改めて自分の本当にやりたいことや理想の自分になるための資源として活用していければ、より高みを目指せると思うのですよ。

他人と比べるのではありません。過去の自分と比べるのです。

過去の自分が悩んでいたことが一つ減ったことは素晴らしいことです。その力があれば、次は自分の理想を手に入れることにぜひシフトしてみましょうということです。それをしないのは非常にもったいないということが言いたいのです。

 

禁煙をうまくできるなら、他のこともきっとうまくできますよ。

自分が良いと思うことはぜひどんどんとチャレンジしていきましょう。

僕はそれが自分の人生をより良いものにするためのコツだと考えています。

 

おわりに

以上のようなことから、僕は禁煙はとても価値があるものだと考えていますし、その効果もメリットもまさに今自分自身で体感しています。

そしてそのうえで、やはりあなたにも禁煙を心からおすすめします。

それが禁煙を3年やってみた僕の一つの結論ですね。やっぱり禁煙(卒煙)は間違いないですよ。

 

さて、あとはこの話を聞いたあなたがどうするかですよね。

聞いただけで終わらせるのか、それとも思い切って行動に移すのか。

人生の選択肢はいつだってそこではないでしょうか。

 

ぜひ、思い切って行動してください。

本気のあなたは僕も本気で応援しますよ!^^

 

 

他にも関連記事があります。

タバコをやめる理由が明確な人ほど禁煙はしやすくなる!!
タバコをやめる理由が明確な人ほど禁煙は成功しやすいと考えています。その理由は使命感や精神力の強さ、そして素直さや貪欲さ、信念といったものも関係しています。禁煙を始めるにあたっては、ぜひ自分の禁煙理由を明確にしておきましょう。
禁煙を自力でやる3つのコツを全部話します!!
禁煙を自力で成功させるコツについて解説しています。禁煙(卒煙)は一時の辛抱でできますし、その後の人生の悩みの種が一つ減るということは非常に大きなメリットですので、この記事を参考にぜひあなたも禁煙を成功させてください。

 

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



禁煙日記
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました