記事内に広告を含みます。

禁煙時のイライラのピークとその対処法について知ろう!!

「禁煙するとイライラするんだよね・・・」

 

間違いないですね。

僕もその禁煙時のイライラに、何度自分の禁煙の成功を阻まれてきたか分かりません。

イライラした末に我慢できなくなって、あるいは「こんなにイライラしては家族や他人にも迷惑をかけるわ」と考えては、結局そこで禁煙を終わらせてしまっていましたね。

 

今だからこそ言えることですが、この禁煙時のイライラの壁をどう乗り越えるかということは、禁煙を成功させるうえでかなりの重要ポイントだったと実感しています。

それゆえに、ここで今一度あらためてしっかり考えておく必要がありますね。

 

ということで今回は、禁煙時のイライラのピークとその対処法について書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




禁煙時のイライラのピークは?

禁煙,イライラ,ピーク

禁煙時のイライラのピークは、およそ3日から7日程度といわれています。

 

確かにこれは離脱症状の一番きついころですね。そしてその後禁煙から3週間くらいを目処に徐々に落ち着いていくことが多いといわれています。

 

僕もやっぱりこの最初の1週間くらいの間に起こる強烈なイライラというものは、嫌というほど経験がありますからね。

どうにもならないほどの焦燥感、不安感、落ち着きの無さ。

それはまさにちょっとでも触れたら切れそうな鋭利な刃物の如く・・・。

 

まあ、家族や周りの人にとっちゃ迷惑この上ない話にもなりかねませんよね。実際僕の場合も、「ピーク時はちょっと気分が不安定だから迷惑かけるかもしれんわ。でも気にせんと放っておいてな」と、前もって嫁さんに告げておいたくらいですからね。

もしこれを読んでくれているのが、禁煙を始めた人の家族のかただとしたら、これも禁煙の強烈な離脱症状が成す問題なので、少しの間温かく見守ってもらうか、陰ながら応援してもらうことをおすすめします。

あまり積極的に関わることは逆効果となってしまうかもしれません。それほど精神的に不安定な時期なんですよね、この期間は。まったく申し訳ない話ですけど。

 

話を戻しますが、これから禁煙を始める人は、禁煙の離脱症状の中でも特に問題となるこのイライラ感をなんとかすることを考えておいたほうがいいですね。

必要以上に焦るような、不安なような、それでいてどこか寂しいような、心にぽっかり穴が開いたような喪失感にも襲われる、なんともいえないもやもやした感覚。

次はその感覚の対処法について考えていきましょう。

 

禁煙時のイライラの対処法

禁煙,イライラ,ピーク

次はこのイライラの対処法についてお話ししますね。

これは僕がやってきた方法でもあるんですが、一言で言うと、

禁煙の知識をしっかりとつけておくこと。

ですね。

つまり、あらかじめ禁煙についてよく学んで、あらゆることを事前に知っておくこと、想定しておくことです。

 

想定外のことが起こるからよけいにイライラしたり不安になったりするんですね。

「このイライラも全然あたりまえのことだから問題ない」となっていれば強いです。その状況を作り上げるのは、自分の禁煙に対する知識であり、認識です。

決して感情ではないんですね。一時の感情や根性に任せて禁煙にチャレンジしてもうまくいかないことは、僕は経験から学んできました。

 

禁煙の知識をつけましょう。

そうすることで、そのイライラ感も必要以上に暴れることが無くなりますし、コントロールしやすくなります。

 

イライラ感をコントロールする

禁煙,イライラ,ピーク

イライラ感をコントロールすることができれば、強そうだと思いませんか?というか、禁煙に対して余裕が生まれると言ってもいいでしょう。目的はそこにあります。

よく離脱症状がきついときには○○をしましょうという話がありますが、それとはまた別、これはもっと根本的かつ抜本的な離脱症状の乗り越え方の話になります。

 

人によって程度に違いはあれど、このイライラ感は離脱症状には付き物であるということを理解しておきましょう。そしてただあたりまえのことが起こっているだけに過ぎないということを知っておいてください。

別になにもおかしなことは起こっていない。だからなんら気にしなくていいのだと。自分に理解させてください。

 

そのうえでこのように考えてみましょう。

今感じているストレスは、ニコチン依存症という悪魔が自分に仕掛けてきている罠であり、実際にはまやかしのストレスである。もうすぐこんな意味の無いストレスやタバコという呪縛からきれいさっぱり解放される。こんな楽しみなことがあるかよと。そのように考えてください。

 

自分は今まさに、ニコチン依存症という忌々しい悪魔と戦っている。本当に前向きで素晴らしいことをしているんだと、自分自身を本気で褒めてあげてください。

勇気ある決断をし、そして実際に行動をしている自分を誇りに思ってください。

一日一日、タバコを吸わないでいられた自分に自信を持ちましょう。

 

タバコを吸わなくなることに不安なんてまったく要りません。僕が断言します。

タバコを吸わないほうが間違いなく、人生がラクになる。

 

イライラも変な焦りも喪失感も、そのうち消えてなくなります。心配しなくていいです。そんな遠い未来の話ではありません。

その先にはタバコを必要としない、きれいになった自分が待っているのです。そんな楽しみなことなんてないですよね。だからこそ、そんなイライラの離脱症状さえも楽しんでしまいましょうって話。

禁煙は離脱症状すらも楽しむくらいがちょうど良い!!
禁煙は離脱症状を楽しむくらいがちょうど良い、つまり禁煙も楽しいほうが上手くいくということについて書いています。禁煙はつらく苦しいものと思い込んでいるその認識こそが、あなたの禁煙を難しくしている理由なのです。

 

楽しんでやっている人は強いですよ。誰も勝てません。

忌々しい悪魔でさえもね。

 

だからあなたにもこのことをよく理解しておいてほしいわけです。

禁煙の知識をしっかりつけておくことで、イライラすることも想定内になります。コントロールがしやすくなります。必要以上に感情が暴走しなくて済みます。

 

そして禁煙をネガティブに考えるのではなく、とにかくポジティブに考えましょう。

そうすることで、イライラすらも楽しむ余裕が生まれてきますよ。

 

「かかって来いよ、このクソ悪魔が笑」ってね。ニヤリ

 

おわりに

僕が最終的に禁煙をうまくできるようになったのは、やはり禁煙の知識をしっかりつけたからでした。結果的にそれが自分の中のタバコに対する認識を変化させているということになるんですけどね。やっぱりここはとても重要なポイントです。

 

イライラするのは想定内、だから必要以上に慌てなくて済む。そのうえで僕は自分の好きなゲームをしたりいつもより睡眠をたくさんとるようにして、このイライラのピーク時を乗り越えてきましたよ。

 

要は分かっていてやっているということです。

イライラするのも分かっているから、あらかじめ作戦が立てられると。

これがよく分かっていないと、「いつまで続くんだろう」、「どうすればいいんだろう」、「ああ!もうあかん!イライラするぅ!!」となるわけですね。いやはや南無南無。

 

これを読んでくれているあなたはしっかり知っておきましょう。それが依存症の上手な克服に繋がっていきますからね。

 

禁煙の知識をつけるならこのブログでぜひー!^^

 

 

他にも関連記事があります。

ニコチン依存症の治療は寄生虫へのエサやりをやめること!!
ニコチン依存症を治療、克服していくには、自分の中にいるニコチン依存症という寄生虫へニコチンというエサを供給することをやめなければいけません。エサを与えなければ、必ずその寄生虫の力は弱まります。つまりあなたの禁煙がラクになるというわけです。
タバコをやめたらどうなるかを先に知っておきましょう!!
なかなか禁煙に踏み切れない理由の一つとして、タバコをやめたらどうなるのかという自分の不安に感じる気持ちというものがあります。その不安に思う気持ちが必要の無いものだということを知ることで、禁煙の一歩が踏み出せるようになる可能性があります。
タバコを吸いたくなる瞬間をいかにうまく乗り越えるかが大事!!
禁煙を始めて間もないころには、どうしてもタバコを吸いたくなる瞬間や場面というものが出てくることが多いので、その対策や置き換え行動をあらかじめ考えておき、上手に乗り切るようにしましょう。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



禁煙の知識
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました