記事内に広告を含みます。

タバコが口臭の原因になるのは間違いないですよ!!

「タバコを吸うとやっぱり口臭がきつくなる?」

 

間違いないですね。

なぜなら僕がかなりくさかったからですねはぁ~ムワワン。

 

タバコを吸った直後のタバコくさい口臭もきついものですが、そこから少し時間が経ったあとの口臭というのがまた、喫煙者特有のにおいがあるんですよね。

さらにタバコと一緒にコーヒーを飲むことが習慣となっている人は、さらにもう一段階きつい口臭となる可能性が高いです。ま、僕のことですけど。

 

ちなみにタバコを吸わなくなった今は、明らかに口臭が弱くなったと感じていますよ。口臭がまったく無くなったと言えないのは残念ですけどね。中年&歯周病持ちとなれば致し方あるまいとも思います。

ただ、そもそもその歯周病の原因もタバコの可能性が高いわけですからね。いずれにしても口臭を気にするならば、間違いなくタバコは吸わないほうがいいですよ。

僕の歯周病の原因はやっぱりタバコの可能性が高い!!
タバコは歯周病の原因となりやすいということが分かっています。実際に僕も数年前から歯磨きの際に歯茎から出血したりする歯周病に悩まされています。もしあなたも歯周病にお悩みでしたら、ぜひとも禁煙することをおすすめします。

 

それではタバコがなぜ口臭の原因となるのか、タバコと口臭の関係性をあらためて考えておきましょう。

 

ということで今回は、タバコが口臭の原因になるのは間違いないということについて書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




タバコが口臭の原因になる理由

タバコ,口臭,原因

タバコを吸うことで血流が悪くなり、身体の緊張性を高め、唾液の分泌も少なくなります。

そこへ向けてタバコに含まれる様々な有害物質が口腔内に付着しますので、口の中の細菌が繁殖しやすいんですね。

 

また、タバコのヤニは歯や歯茎にも沈着しやすいですので、虫歯や歯周病の原因にもなりますし、歯茎の腫れや炎症なども引き起こしやすくなります。

とにかくタバコは口の中の環境を悪くさせるということ。

これがタバコが口臭の原因となるということですね。

 

確かに、タバコのにおいはあくまでも口臭とは別という意見もありますが、タバコを吸わなければ起こらない、唾液の分泌量の低下や不純物の付着による口内環境の悪化ということを考えると、間接的には間違いなく口臭の原因となっているということです。

 

ちなみにそのにおいの基は、タバコに含まれる添加物の香料も関係しています。

タバコには様々な添加物が付与されていますが、これらが燃焼したとき、つまりタバコの煙となったときにはまた様々な有害物質となって、不快なにおいの基や刺激臭を作り出すんですね。

分かりやすいものでいえばアンモニアなどもそうですね。

口の中にアンモニアが付着して乾いた状態になっていることを想像してみてくださいよ。それはもう、

便器・・・ですよね。

 

ええ、べつに言いすぎてはいないと思いますよ。よく喫煙者の口臭はドブくさいとか、魚の腐ったにおいとか、はたまたう〇このにおいとまで言われますからね。ま、全部僕が言われたことなんですけどね。

 

とにかく、気をつけてください。

タバコを吸ったあとの口臭を気にしてしっかり歯磨きをしたとしても、また、ガムやフリスクを食べたとしても、肺の奥から立ち込めるタバコ臭までは消せませんからね。

また、衣類や髪の毛についたタバコ臭や、身体から汗と共に出る体臭までを考えるとすれば、もはやタバコを吸う以上、においの問題からは逃げられないと考えたほうがいいかもしれませんよ。

 

コーヒーとタバコはなぜ口臭がきつくなる?

タバコ,口臭,原因

確かにコーヒーとタバコはよく合うんですよね。僕もよくやっていたから分かります。

 

しかしこのコーヒーがまた口臭に深い関係があるものでして、飲んだ瞬間はいいんですよね、香りも強く、そして口の中をさっぱりと洗い流すので。

しかし問題はやはりそのあと。コーヒーに含まれるカフェインが、タバコと同じく唾液の分泌を抑えたり、利尿作用によって体内の水分を排出しやすくなるという効果があるんですね。

 

そうなるとまさにタバコとコーヒーのダブルパンチで、口の中は次第にカラカラ、ねばねば、ベタベタとしやすくなってくるというわけです。ニチャア

するともうお分かりかと思いますが、さらに細菌の繁殖を促す結果となり、より口臭がきつくなりやすくなってしまうんですね。

これがタバコとコーヒーと口臭の三角関係ですよと。

 

なるほど、確かに僕もタバコとコーヒーで休憩した後の、30分から1時間後辺りからはかなりヤバい口臭になっていましたからね。

自分でもわかるってことは、他人にはもっと分かるってことですよ。

自分が思っている以上に、他人にとっては不快なにおいになっていると考えておいたほうがいいでしょう。

 

僕も今考えると、恥ずかしいなと思うような場面がいっぱいありますよ。

密集した会議室での会話や、対面で距離の近い会話、いや、なかなかに離れていてもそのにおいは届いていたと思います。

もうそんな恥ずかしい思いもしたくないなと、今はそう思うことも多いですよ。

 

おわりに

タバコ,口臭,原因

タバコを吸ったあとの口臭をごまかす策としては、歯を磨く、ガムをかむ、タブレットやフリスクを食べるといったものがありますが、毎回これらの対策をするのも面倒ですし、さらには体臭や洋服のにおいへの対策まで考えたら、もはやきりがないですよね。

 

それならば、いっそのこと禁煙してしまおう。

この考えは大事ですよ。

僕も禁煙してみて分かったことなんですが、とにかくラクです。

口臭や体臭対策だけではなく、タバコを買いに行く手間も灰皿の掃除もなくなりましたし、ポケットやカバンの中の葉っぱカスも気にしなくて済みます。

 

もちろん肝心の口臭はかなり改善していますしね。歯磨きのあと、ずいぶん時間が経っても、気にならない程度までなっています。

 

自分の口臭が気になるということは、それだけ自分や他人のことを考えられる人だとも思います。そしてもうそれをいつも気にするぐらいなら、禁煙をしてラクになるということをぜひ考えてください。

効果のほどは僕が実証済みですよ。

 

それではまたふぁ~ムワワン

いや寝起きは致し方ない!^^

 

 

他にも関連記事があります。

禁煙にはメリットしかないことを実感しているという話!!
これから禁煙を始めようとしているかたには、禁煙にはメリットしかないということをぜひ知ってもらいたいです。苦労してでも禁煙する価値は十分にあるということを僕の経験談を交えてお話していますので、あなたの禁煙の参考にどうぞ。
タバコにはデメリットしかないことに気づくのが禁煙の近道!!
タバコのメリットとデメリットについてはよく議論されることもありますが、百害あって一利無しといわれるほど、タバコは私たちにとってとても良いものとはいえません。さらにはそのデメリットを詳しく知っておくことが、禁煙成功への秘訣やコツにもなります。
タバコは喫煙マナーの良い人ほどやめやすいと思うよ!!
タバコが吸いにくい時代になってきましたが、そのことに肩身を狭くしているくらいであれば、僕は禁煙することをおすすめします。そして特に喫煙マナーの良い人ほど、禁煙は成功しやすいのではないかという理論について書いています。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



タバコの百害
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました