記事内に広告を含みます。

僕の片頭痛の原因がタバコだった可能性があるという話!!

「あー、頭いてぇ・・・。」

 

片頭痛(へんずつう)が始まるとテンションが下がりますよね。

特に何もしていなくても「ズキン、ズキン」と脈に合わせて痛む感じ。

 

僕の場合、おそらく症状や頻度としては、比較的そう重いほうではなかったとは思いますが、やはりちょくちょく気になる程度にはありました。

痛みが強いときにはよく頭痛薬を飲んだりして抑えていましたが、特に仕事中に頭が痛くなるというのはつらいものですよね。

 

それがですね、禁煙してからかなり減ったような気がしています。

回数を記録しているわけではないので、あくまで体感的なものですけどね。

でも、「そういえば最近片頭痛が起こっていないな」、この感覚はかなり大事ですよね。それだけ体調が良い日が多いということですから。

 

そこで、あらためてタバコと片頭痛の関連性について考えてみました。

 

ということで今回は、僕の片頭痛の原因がタバコであった可能性があるということについて書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




片頭痛とタバコの関連性

片頭痛,原因,タバコ

そもそも片頭痛を引き起こす原因やメカニズムというものが完全に解明されているわけではありませんので、どうしても可能性の話にはなってしまうのですが、「片頭痛 タバコ」などで調べてみると、やはりタバコとの関連性は高いという情報が多くありますね。

遺伝や体質も原因としてあり得るということですので、自分の力ではなかなか改善することが難しいケースもあるかとは思いますが、他にも片頭痛の原因や要因としてよく挙げられるのが以下のようなことです。

 

・薬の副作用
・肩こり
・寝不足や寝すぎ
・空腹
・ストレス
・強い光や音やにおい
・天候の変化
・飲酒
・喫煙
・カフェイン

 

はい出ましたね。この手の話題になるといつも居る、おなじみ一家に一台の存在であるタバコくんです。

タバコを吸うことで常時離脱症状のストレスと戦うことになったり、血流を悪化させたり、さらには睡眠の質を下げるということも考えれば、他の要因との因果関係も少なからずありそうですよね。

ただ、そこまでの研究結果はまだ明らかになっていないようです。また、中にはアルコールを摂取したほうが片頭痛が減るという研究結果もあるようですが、真偽の程は分かりません。あくまでもその人によるという部分が大きいと思います。

 

それを踏まえたうえであくまでも僕の場合の話なんですが、カフェインも多くとりますし寝起きで頭が痛いということも結構あって、昔から「どれが原因なんだ」と気にはなっていたんですよね。

それが禁煙が続いている今、ふと振り返ってみると、「あれ、最近頭痛がないな」と。

前に頭が痛くなったのはいつだったかなと思うレベルです。

 

あくまでも僕の場合はですよ。だから断言はできませんが、タバコが原因となっていた可能性は少なからずあるなと。そのように思うわけです。

 

他にも気がついていること

片頭痛,原因,タバコ

これに関連して他にも心当たりがあることがあります。

 

例えば寝すぎたときの頭痛、これが最近ないですね。

僕は寝ることが大好きなので、寝すぎることが昔からよくあります。それこそ過眠症を疑うレベルで。

しかし本来はよく寝てスッキリしたいのに、「寝起きから頭が痛い・・・クソッ」ということが結構あったんですよね。

これに関しても「ただの寝すぎか」と軽視してきたんですが、もしかしたらタバコと睡眠の質という点で関係があったかもしれませんね。

 

まだあります。

冬の寒い日の寒暖差。これに結構やられることがあったんですよ。

寒くて身体が緊張してというのは分かるんですが、頭が痛いだけでなく、目の奥にまで痛みが来たりして、かなりの不快感がありました。

それでも外へ出てタバコを吸っていましたよね。

その頭痛の原因が常習的なタバコだったのかどうかは特定できませんが、何かしら悪化させる要因にはなっていたのではないかと。

 

あとは単純にタバコを吸いすぎて頭が痛いということもなくなりましたからね。これは僕の中では明らかに実感があることです。

 

あくまでタバコと断定はできないが

片頭痛,原因,タバコ

どれもこれも完全にタバコが原因だったという断定はできませんが、少なくとも僕の片頭痛の頻度は、禁煙してから少なくなっていることは事実です。

 

他にもカフェインやストレス、または肩こりなども以前から気にはしていたので、「原因を特定するのは難しいかな・・・」と考えていましたが、一つタバコという要因を減らしたことで、その他の原因も探りやすくなったというのもメリットですね。

たとえタバコをやめてみて症状が改善されなかったとしても、「じゃあ次はカフェインを減らしてみるか」などと、次の手が打ちやすくなりますから。

何か一つ、気になるところから改善してみるというのは、原因を探っていくうえで非常に大事なポイントですね。

 

おわりに

片頭痛の原因や要因は本当に人それぞれあるでしょうが、もしあなたが喫煙者であるならば、一度タバコを疑ってみることをおすすめします。

僕のように、わずらわしい片頭痛が少しでも改善されることがあるかもしれません。

 

それとちなみに今回は片頭痛の話ですが、禁煙によって他にも僕は胸焼けや副鼻腔炎などの症状も随分改善されていますからね。そちらは特にリアルに実感していることです。

胸焼けの原因が明らかにタバコだった件!!
僕は禁煙前はしょっちゅうひどい胸焼けに悩まされていましたが、タバコをやめたことですっかり良くなりました。このことからやはり僕の場合はタバコが胸焼けの原因になっていたのだと考えられますので、今回はそのことについて話しています。
僕の副鼻腔炎はタバコが原因だった可能性が高い!!
僕は喫煙をしていたころ、風邪をこじらせると副鼻腔炎を併発することがよくありましたが、禁煙をしてからこれが一度も発症していません。僕の副鼻腔炎の原因がタバコだった可能性や、副鼻腔炎とタバコの関係性についても書いています。

 

本当に禁煙の効果は大きい。

少なくとも僕はそう考えています。特に健康面においてはね。

 

「なんだか分からんが、いつもなんか調子が悪いな・・・。クソッ」

と日々の生活の中で感じることが減りましたよ。

やっぱりそのほうが健康的で良いですよね。

 

ということで今回もたくさん書いて疲れたので、ちょっとだけ仮眠をとりますね。おやすみなさい。

仮眠のつもりがたぶん過眠ですけどね!あーっははははは!!(--)グウ

 

 

他にも関連記事があります。

むずむず脚症候群の原因が僕の場合はタバコだった件!!
むずむず脚症候群、別名レストレスレッグス症候群ともいいますが、非常に強い脚の不快感と原因を特定しにくいことなどが特徴に挙げられます。僕も20年以上この症状に悩まされてきましたが、禁煙をきっかけにその症状が改善されました。
僕の歯周病の原因はやっぱりタバコの可能性が高い!!
タバコは歯周病の原因となりやすいということが分かっています。実際に僕も数年前から歯磨きの際に歯茎から出血したりする歯周病に悩まされています。もしあなたも歯周病にお悩みでしたら、ぜひとも禁煙することをおすすめします。
禁煙がつらいときにはこの記事を読んでもうちょっと頑張ってみて!!
禁煙がつらいときというのは、禁煙を始めたら誰しもに起こり得ることです。しかしそれを乗り越えた先にしか、禁煙成功という未来はないんですよね。だからこそ禁煙を失敗に終わらせてしまう前に、是非ともこの記事を読んでみてください。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



タバコの百害
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました