記事内に広告を含みます。

タバコのにおいが嫌いな人が多い理由を知っておきましょう!!

「タバコってやっぱりくさいよね・・・」

 

はい、残念ながらくさいですね。

もともとタバコを吸っていた僕でさえ、タバコをやめてからそのにおいを嗅ぐと、「いや、くっさ」と思いますからね。

完全な非喫煙者の人たちにとっては、僕たちが考える以上に不快なにおいであるのだろうと想像できます。

 

しかもですね、タバコのにおいが多くの人にとって嫌がられる理由は、そのにおいだけじゃないんですよね。他にもいくつかの理由が挙げられます。

それをよく理解しておくことで、さらにあなたの禁煙の意識が高まれば良いなと考えています。

 

ということで今回は、タバコのにおいが嫌いな人が多い理由について書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




タバコのにおいが嫌いな人が多い理由

タバコ,におい,嫌い

多くの人がタバコのにおいを嫌う理由として、以下のようなものがあります。

 

・においがきついから
・においの成分の元を知っているから
・においが服や髪の毛に付くから
・においにも害があることを知っているから

 

順番にいきましょう。

 

においがきついから

これは先ほど述べた点ですね。

タバコのにおいは単純にきついからですね。

 

あるアンケートでは、タバコのにおいの不快さが、他のにおいと比較されているようなものがありました。

その内容の一部ですが、例えば汗をかいた靴下のにおい、歯を磨いていない口のにおい、卵の腐ったにおい、魚の内臓のにおい、カメムシのにおい、プラスチックを燃やすにおい、さらにはう〇このにおいとまで。

まあ、ありとあらゆる世の中の香ばしいかほりと肩を並べているということですよね。そりゃ良いにおいとはいえないでしょう。

 

ちなみに僕もタバコを吸っていたのでよく分かるんですが、タバコを吸っているときに自分が感じているにおいと、タバコを吸わなくなってから感じるにおいは、まったく違いますからね。

タバコを3日でもやめてみた経験がある人は分かると思いますが、嗅覚や味覚が回復するにつれて、タバコのにおいがダイレクトに感じられるんですよね。

それはやっぱりきついにおいです。なんというか、やさしくないにおい。笑

 

これがもう8割の人がタバコを吸わない世の中にあって、どのように感じられているかと考えると、少し実感が湧いてくるのではないでしょうか。

少なくともタバコを吸わない多くの人たちとっては、まず日常で感じることのない強烈かつ特殊なにおいであるということは間違いありません。

 

においの成分の元を知っているから

タバコ,におい,嫌い

次の理由としましては、多くの人にタバコのにおいの元となる成分がよく知られてきているからですね。

タバコの煙には、アンモニアや硫化水素、アルデヒド類など悪臭や刺激臭を放つ物質がたくさん含まれていますが、それらは単純に多くの人に不快感を感じさせる類のにおいであり、また、その成分を詳しく知る人にとっては、より気分を害す結果となるでしょう。

アンモニア臭を嗅がされて、だれが喜ぶんですかって話。そんな変態は僕ぐらいのもの…

 

タバコのにおいに敏感な人の中には、タバコに含まれる成分を気にしている人もいるということも認識しておきましょう。

 

においが服や髪の毛に付くから

タバコ,におい,嫌い

やはりこれが最もたる原因かもしれませんが、タバコのにおいが服や髪の毛に付くことを嫌う人は本当に多いです。特に女性にとっては一番気になるところですよね。

 

スメルハラスメント(強いにおいにより他者へ不快感を与えること)という言葉がありますが、その代表的なものが、言うまでもなくタバコです。

喫煙者はそのにおいに、(悪い意味で)慣れてしまっているので、不快感や違和感を感じにくいものですが、非喫煙者にはすぐ分かります。自分の洋服や髪の毛がタバコくさくなっていることにですね。

 

せっかくお気に入りの柔軟剤の良い香りをまとった洋服が、タバコのアンモニア臭で汚染されたらどうですか。

そりゃタバコのにおいが嫌いになりますよね。

これはもう必然的な結果であり、今のご時世、タバコを吸う人は絶対的に気にしておかなければいけないところです。

もはや知らなかったでは済まされなくなってきているといってもいいでしょう。

○○ハラスメントという言葉をあなどってはいけませんからね。

 

においにも害があることを知っているから

タバコ,におい,嫌い

受動喫煙という言葉はもうすでに多くの人に認知されていますよね。喫煙者が自分で吸い込む煙の何倍もの有害物質を含んだ煙が、タバコの先からは立ち込めています。それをタバコを吸うことを望まない非喫煙者に吸わせるのですから、そりゃ大きな問題になりますよね。

 

この受動喫煙のことを二次喫煙ともいいますが、それを踏まえて昨今問題視されているものに、三次喫煙というものがあります。

残留受動喫煙ともいわれますが、これは直接タバコから発生する煙ではなく、消火したタバコの吸い殻や、喫煙直後の喫煙者の呼気、さらには服や部屋の壁についたタバコの粒子にも、十分に他者を汚染するだけの有害物質が残留しているというものです。

こういった情報も、すでにメディアやインターネット上で数々紹介されてきています。

 

つまりですね、もうどこにいても、タバコのにおいがした時点で、有害物質を吸わされているのだということを、多くの人が知っているわけです。

だからこそ、昔とは比べ物にならないほど、タバコの煙やにおいに敏感になる人が多いんですね。

 

僕はこれは悪いこととは思いません。

多くの人が知識を持つことで、改善されていくことは多いですからね。

多くの人が新たな知識を持つことによって、よりタバコを吸わない人へ配慮することに繋がったり、タバコを吸う人のマナーが向上する効果にも期待ができます。

そしてなにより、こういったことがきっかけでさらに禁煙を志す同士が増えればいいなと、僕はそのようにも考えています。

 

おわりに

昔はただ単純に「くさいから」という理由でタバコのにおいが嫌われていたんでしょうが、現代ではその理由はもっと多様なものとなっていますね。

それもこの情報化社会の中ではなんら不思議なことではないでしょう。

 

問題はですね、こういった情報を知って、

あなたがどうするか

という話です。

 

僕はもうタバコをやめましたよ。

面倒くさいのでね。

 

これで人にスメルハラスメントをすることもないですし、タバコの火の始末を気にする必要も無ければ、タバコの値段改定にいちいち心を乱されることもなくなったわけです。

 

あなたにも、このラクさを味わってほしいんです。

それが僕が禁煙をおすすめする理由です。

 

さあ、同士よ。共に素晴らしい禁煙の道を歩もうではないですかはぁぁぁ~。ムワン

 

ちょ、純粋に口がくさいとか言わないで!^^;

 

 

他にも関連記事があります。

タバコの煙に含まれる有害物質のヤバさだけは知っておくべし!!
タバコの煙に含まれる有害物質の危険度をよく知ることで、喫煙行為の危なさというものが理解できるようになります。禁煙をする人にはぜひ知っておいてもらいたい、タバコに含まれる有害物質一覧について解説しています。
タバコには有害な成分がなぜ多いのかを知っておくべし!!
タバコには有害な成分がなぜ多いのかを知ることで、もうそんな危険なものは吸いたくないという気持ちのきっかけになるかもしれません。禁煙をするなら、タバコの有害さについてはしっかり認識しておきましょう。
タバコがダサいと感じる感覚はめちゃくちゃ大事という話!!
禁煙するにあたってタバコがダサいと感じる感覚は非常に大事です。あなたがもし中学生や高校生、あるいは大学生のころに戻れたとして、タバコがダサいと思っていたなら吸わずに済んでいたかもしれない。そういったことも合わせて考えてみましょう。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



禁煙の知識
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました