記事内に広告を含みます。

タバコは百害あって一利なしということを完全に理解しよう!!

「タバコは百害あって一利なし」

 

昔からよくいわれることですよね。

百害あって一利なしという言葉は、不利益になることはたくさんあれど、利益となるものはほとんど無いということを端的に表したことわざです。

言葉の由来としては、政治や法廷などの言論の場で用いられることがあったことから、世間一般に広がったとされています。

百害あって一利なしという言葉を使うのは、なにもタバコだけに限ったことではないのですが、習慣的に喫煙をすることの不毛さを鋭く一言で表すためによく使われる言葉なんですね。

 

ただ、ここで一つ問題が。

このタバコは百害あって一利なしということを、あなたが本当に心から理解しているかどうかという話。これが今回のテーマです。

自分自身がタバコは自分に利益をもたらすものではなく、不利益ばかりをもたらすものだということを心から理解し、そして納得することが禁煙の近道となりますので、ここも外せない大事なポイントなんですよね。

 

ということで今回は、タバコは百害あって一利なしということについて書いていますので、一緒に見ていきましょう!

 


 

スポンサーリンク





 

スポンサーリンク




タバコは本当に百害あって一利なし?

タバコ,百害あって一利なし

はい、なしです!!!(ドーン!!)

 

タバコを吸い続けることは、あなたの不利益になることはたくさんあっても、利益になることは一つも無いでしょう。

無い、ナイ、皆無です。

というか、有ってはいけないのです。

あなたがガチの本気で禁煙をするならば。

 

一応説明をしておきますと、このタバコにはせめて一利くらいはあるんじゃないの?という議論もしばしばされることがあります。が、そこはあくまでも人それぞれの考え方次第。

自分にとっては利益があるのだと思えば、それはその人にとって利(理)があるということになりますし、自分にとって利益がないと思えば、それはその人にとっては一利(一理)もないということになります。

要はその人の考え方次第、つまり答えがない議論になります。

だからこそここではその議論をするつもりは一切ありませんので、まずはそこを容認してください。

そのうえで、の話になります。

 

ここは禁煙を本気で目指す人が集まる場所ですので、僕はその人に向けてこの記事を書いています。

そのうえで、あらためて聞いてください。

タバコには一利もないということを心底理解していないと禁煙は難しいですよという話。

なぜなら、探してしまうからですね。

タバコを吸う理由を。

 

タバコをやめたいと思っている、そして実際に禁煙に踏み切った。しかし、どうしてもタバコのことが頭から離れず、やがて禁煙が失敗に終わってしまう。

ストレスが溜まったから、手持ち無沙汰を感じたから、タバコの代わりが見つからなかったから。

禁煙を失敗する直前には、タバコを吸うことを正当化するあらゆる理由が自分の頭の中に湧いてくるものです。

それがあなたの中にある、タバコの利。

あなたがタバコを吸う、理、理由。

その可能性があるというのが今回の話なんですね。

だから他の誰が何と言おうと、自分にとってタバコは一利もない、一ミリもメリットがないと完全に認識することが禁煙には大事ということをお伝えします。

 

タバコの利と思い込みやすいもの

タバコ,百害あって一利なし

タバコを吸うメリットとも言い換えられますが、それがそもそも一つもないということをまず理解してください。本気で禁煙をするのであればですね。

 

例えばタバコを吸うと気分が落ち着くというのは、ニコチン依存症の弊害です。タバコはストレスを取り払ってくれる便利なものではなく、ストレスを作り出すストレッサーでしかありません。

第一にこれが自分の大きな勘違い、そして思い込みであったということがしっかりと納得できると、禁煙がクッソはかどりますよ。

参考になる記事も添付していきますね。

タバコにストレス解消効果など無いことを知れば禁煙できるよ!!
タバコにストレス解消効果など無いということは、禁煙を成功させたい人は必ず知っておかなければならないことです。なぜタバコにストレス解消効果があると思ってしまうのか、なぜタバコに依存してしまうのか、そういった点をあらためて考えましょう。

 

他にもタバコはコミュニケーションの良いツールになるというもの。ああ、僕も思っていましたね、長いこと。

実際は喫煙者仲間で大した話をするでもなく、常にヤバい口臭と体臭をお互いにまとい、タバコを吸わない人からは「くっさ、てかまた休憩かよ」と疎まれていただけ。そしてその様たるや、不良仲間が集まって何かしら良からぬものを一緒に吸引している連帯意識のようなものではなかったかと。

少なくとも僕は今では、タバコを吸わないほうがにおいも気にせず、変な焦燥感もなく、タバコを吸わない人とも健全かつ落ち着いてゆっくり話ができるようになりましたよ。

それが本来の良質なコミュニケーションというものではないでしょうか。

タバコの煙に含まれる有害物質のヤバさだけは知っておくべし!!
タバコの煙に含まれる有害物質の危険度をよく知ることで、喫煙行為の危なさというものが理解できるようになります。禁煙をする人にはぜひ知っておいてもらいたい、タバコに含まれる有害物質一覧について解説しています。

 

さらには、タバコを買うことで国や市町村の財政を助けている、そういった話もありますね。

まあ、それで利益を得ているのは国と市町村とタバコの製造元とタバコ屋さんなんですけどね。

 

自分が良いことをしていると思えばそれが一利ですし、僕のように、「あれ?もしかしてみんなが儲かって、貧乏くじを引いているのは自分だけなのでは?アワワワワ」と考えるようになれば、それはもう一利なしということですよね。

あくまでも考え方次第、しかし、禁煙を成功させるためにはこういったことが本当に大切なポイントなんですよ。

タバコのメリットとデメリットについて考えつくせば禁煙が捗る!!
禁煙を考えているならば、あらためてタバコのメリットとデメリットについて考えておきましょう。タバコというものをよく知ることで、今までのタバコに対するイメージが変わり、禁煙が非常に捗るという可能性があります。

 

自分にとっては利があったと思っていたことが一つもなくなったとき、あなたの禁煙は限りなく成功に近づいていくことでしょう。

 

おわりに

タバコ,百害あって一利なし

過去の僕もなんだかんだタバコを吸うことに対して、少なからず肯定感やメリットを感じていたということでしょう。しかしそれらがすべて完全なる思い込みと勘違いであったと「気づいたとき」から、本当の禁煙ができるようになりました。

タバコを吸うメリットが一つもなくなったからですね。

 

それを、僕の中では百害あって一利なしといいます。

 

「ああ、なんだ、タバコにはなんのメリットもないんだな」、「じゃあ、もう、吸わなくてもいいんだ」、自分がそれを心から理解し、そして心底納得したとき、それが本当の自分の禁煙のタイミングです。

 

タバコは本当にあなたにとって利益となるありがたいものなのでしょうか。

 

今一度よく考えてみてくださいね。^^

 

 

他にも関連記事があります。

タバコをやめられない人に絶対に見てほしい画像がこちら!!
タバコをやめられない人の中には、タバコを吸わないと調子が出ないから、スッキリしないから、元気ややる気が出ないからといった理由をあげる人も多いです。しかしそれこそがタバコのトリックなのですが、今回はそれに気づかせてくれる画像を紹介します。
禁煙を絶対に成功させたい人はこれを知っておきましょう!!
あなたがもし禁煙を絶対に成功させたいと考えているのであれば、ぜひ知っておいたほうが良いことがいくつかあります。禁煙が成功する理由と、逆に失敗してしまう理由を知っておくことが、禁煙の成功率を上げることに繋がります。
タバコの3つの依存への対策を考えて実行しよう!!
禁煙を成功させるためには、ニコチン依存症というものをよく知り、そしてそれを克服するための対策をしっかり立てて実行していく必要があります。今回は僕が実際に立てたタバコの依存への対策や実践してきた内容について詳しく書いています。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



禁煙マインド
人気ブログ&ブログ村の応援クリックそれぞれ一日一回お願いします!フォローも嬉しいです!^^

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

  
全力禁煙ブログ



スポンサーリンク


 



スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました